こんな人が腰痛になりやすい!

程度の差はあると思いますが腰痛を経験した事がある人は非常に多いのではないかと思います。もはや国民病と言っても良いくらいほとんどの人が経験している「病気」と言っても良いのではないでしょうか?

 

しかし、その中でも腰痛になりやすい人となりづらい人がいます。ここでは腰痛になりやすい人の特徴を説明してみたいと思います。

長時間同じ姿勢を続ける人は腰痛になりやすい

長時間同じ姿勢を取り続けている人は腰痛になりやすい傾向があります。

 

立ちっぱなしの仕事もそうですが、それ以上に座りっぱなしの仕事している人の方が椎間板にかかる負担が大きくなってしまい、腰痛を発症してしまう可能性が高くなってしまいます。

 

こんなお仕事をしている人は腰痛に注意!

デスクワーク、ドライバー

デスクワーク

事務職など長時間に渡ってデスクワークをしている人は椎間板にかかる負担が大きくなりますので腰痛になりやすくなってしまいます。

 

最低でも一時間に一回は席を立って座り直す、クッションを使って腰の位置を変えるなどしてとにかく長時間同じ姿勢を取らない様にする事が大切です。

 

立ちっぱなしや動き回る仕事よりも座りっぱなしの方が腰への負担は大きくなりますから注意してください。
また長時間運転されるお仕事にも同じ様な事が言えます。

 

重い荷物を持ちあげるお仕事

引っ越し画像

重い荷物を持ちあげる事で普段かからない負担が腰の筋肉にかかってしまいます。この負担はぎっくり腰の大きな原因になってしまいます。
 
荷物を持ちあげる際に膝を曲げずに腰だけを曲げて持ち上げる動きは厳禁です。

 

体と言うのは曲がっている部分に負担がかかる仕組みになっていますから、この様な持ち方をしている人はいわゆる「ギックリ腰」になる危険性が非常に高くなってしまいます。荷物を持ちあげる際には腰を曲げるのではなく、膝を曲げるようにするだけで腰痛の危険性を軽減する事が出来ます。

 

主婦も腰痛になりやすい?

主婦

働いている人だけが腰痛になるわけではありません。意外と思われるかも知れないですが、主婦のお仕事にも腰痛になってしまう要素がたくさんありますので注意しましょう。

 

常に動きまわるのが主婦の仕事ですから腰にかかる負担は少ないと思うかも知れないですが、洗濯物を干して取り込む際や料理や食器洗いの際にはどうしても腰を曲げる姿勢が多くなってしまいます。

 

継続的に腰を曲げる姿勢を取る事で腰に大きな負担がかかる事になってしまいます。家事の間にストレッチで腰を伸ばすだけでもだいぶ違いますので実践してみてください。

 

太っている人は腰痛になりやすい

肥満体形の人は痩せ型の人に比べると普段の動作による腰への負担が大きくなってしまいます。

 

腰は体の中で中心に近いところに位置していますから上半身の体重がすべてのしかかる事になり、体重が多ければ多いほど腰への負担が大きくなるのは当然の事と言えるでしょう。

背の高い人は腰痛になりやすい

背の高い人は肥満体形の人と同じ様に腰で支える体重が大きくなってしまいます。

 

特に背筋の量が十分ではない人は猫背になりやすく腰への負担が非常に大きく腰痛を発症してしまう危険性が高くなってしまいます。

 

普段から背筋を伸ばすだけでも腰痛をだいぶ軽減する事が出来ますし、時間的な余裕がある人は背筋を鍛える事で腰にかかる負担を分散させる事が出来ますので実践してみてください。