生理で腰痛が酷くなってしまう人へ

女性の方が腰痛になりやすい?

腰痛は男女関係なくなってしまうものだと思っている人もいらっしゃると重いますが、最近の研究では女性の方が腰痛のなりやすい事が分かって来ています。

 

その原因として考えられるのが生理、月経です。これは男性にはないものですから、生理による腰痛のつらさは女性にしか分からないものでしょう。

 

ここでは女性の特有の生理に関わる腰痛について解説してみたいと思います。

生理前、生理中に腰痛が酷くなる

 

生理前や生理中には生理痛と言うものが発生してしまいます。人によって症状は事なりますが一般的には頭痛、腹痛、倦怠感などがあります。実は腰痛も生理痛の中に含まれている症状なのです。

 

生理的腰痛の原因となるホルモン分泌

生理痛の原因は黄体ホルモンが大きく関係していると言われています。黄体ホルモンに含まれているプロンスタグランジンが分泌される事で生理的腰痛を引き起こしてしまいます。「私の体がおかしい!」と心配してしまう患者さんもいらっしゃいますが、女性の体としては正常ですので必要以上に心配する事はないでしょう。

 

精神的原因でも腰痛は発生する

男性に比べると女性は神経質でナイーブな方が多いです。生理が近くなると情緒不安定になってしまい、余計にストレスを抱えてしまいます。精神的なストレスが積み重なる事で神経を刺激してしまって腰痛になってしまう事があります。小さな事を気にしないでおおらかな心でいる事も効果的な腰痛対策と言えるのではないかと思います。

 

自律神経の乱れが腰痛に直結

生理前になると自律神経が乱れてホルモンバランスが大きく崩れてしまいます。そうなると黄体ホルモンの分泌が活発になってしまい酷い腰痛になってしまう事があります。普段の生活からはもちろんですが、生理前は特に規則正しい生活をして自律神経を整える事で腰痛を抑える対策となります。

 

 

この様に生理は女性特有の腰痛を発生させてしまいます。
あまりに酷い場合はマッサージやストレッチをしても効果がありませんので、産婦人科で診察してもらった方が良いでしょう。