症状別の腰痛対策

腰痛にはさまざまな症状があります

腰痛には様々な原因と症状があり人それぞれ痛み方も違い、非常に複雑な病気だと言えるでしょう。本気で腰痛を改善したいと思うのであればまずは症状から自分の腰痛がどれに分類されるのかを知る事が大切と言えるでしょう。

とにかく腰だけが痛い!

腰だけが痛い場合はぎっくり腰である可能性が非常に高くなります。重い物を持った時になってしまう一時的なものである場合が多いですので、腰を無理に動かさないで出来るだけ安静にしている事が大切なポイントです。

 

腰痛の症状が繰り返し現われる場合はただのぎっくり腰ではなくて椎間板ヘルニアに可能性もありますので、早めに医師に相談をするべきでしょう。

 

ヘルニアの場合は自宅での治療だけでは改善する事が出来ませんので、手術をしなければならないケースもあります。

  • 腰痛以外で足や背中にも痛みやしびれが走る
  • 前かがみになると腰だけではなく足にも痛みが走る
  • 腰以外の部分でしびれを感じる時がある
  • くしゃみや咳をすると腰から足にかけて痛みが走る

以上の様な症状が見られる場合は筋肉の疲労による腰痛ではなく、神経が関係している腰痛である可能性が非常に高くなります。

 

特に足や背中に強烈な痛みを感じる場合は椎間板ヘルニアであると思っても間違いはないでしょう。放置しておくと徐々に痛みが増してしまいますので早めに専門の医師に診てもらって適切な治療を受けるようにしましょう。

 

ストレッチをすると腰痛が軽くなる

腰をストレッチしたりマッサージする事で痛みが軽減される場合は筋肉疲労性の腰痛です。筋肉が凝り固まる事で血行が悪くなってしまい、硬くなった筋肉が腰周辺の神経を圧迫する事で発症してしまう腰痛です。

 

ヘルニアなどに比べると深刻な症状ではありませんが、やはり放置しておくと耐えがたい痛みに変化する事もありますので早めに対策をした方が良いでしょう。

 

この症状を改善するには血行を良くする事が非常に重要なポイントです。お風呂にゆっくり浸かったり、マッサージをするなどして血液の流れを良くする事に努めましょう。

 

冷感タイプの湿布は厳禁です。一時的な痛みを和らげる事は出来るかも知れないですが、血行が悪くなってしまい長い目で見ると腰痛が悪化してしまう可能性があります。