椎間板ヘルニアの解消対策

腰痛の代表格、椎間板ヘルニア

腰痛の中でも最も怖いのが椎間板ヘルニアでしょう。特に20代〜40代の男性が発症しやすく、突然酷い腰痛を発生させてしまうのが特徴です。

 

誰にでもなる可能性がある病気ですので、発症した場合にすぐに対応出来るように原因や対策方法を知っておいた方が良いでしょう。

椎間板ヘルニアとは?

脊椎を構成する骨の一つ一つの間に椎間板があり、骨と骨が擦れ合わない様にクッションの様な役割をしています。
この椎間板が変形して潰れて一部が突き出て神経を圧迫すると酷い腰痛を発症してしまいます。
これが椎間板ヘルニアと呼ばれる腰痛疾患です。

 

椎間板ヘルニアにかかりやすい人の特徴

椎間板ヘルニアは誰でもは発症してしまう可能性がありますが、その中でも特に発症してしまいやすい人がいます。

 

腰に負担をかける職業の人

腰に負担をかける作業をする事で椎間板が変形してしまう可能性が非常に高くなってしまいます。普段は腰痛を感じる事はなくても、少しづつ変形をして行きある日突然耐えがたい腰痛を発症してしまう可能性があります。

 

喫煙をする人

喫煙と腰痛は関係ないと思うかも知れないですが、実は非常に大きな関係があります。喫煙をする事で血液の流れが悪くなり、椎間板に必要な血液が上手く循環しない事になってしまいます。短期間であれば影響が出る事は少ないですが長期間喫煙を続けている人は椎間板ヘルニアになる可能性が高くなってしまいます。

 

肥満体形の人

肥満体形の人、特に上半身に脂肪が集中している人は腰にかかる負担がどうしても大きくなってしまいます。日常的に腰に負担がかかってしまう事で知らず知らずのうちに椎間板が変形してしまいます。変形した椎間板が神経に触れた時に恐ろしいくらいの腰痛を発症してしまう事になってしまうのです。

 椎間板ヘルニアの症状と進行

椎間板ヘルニア 

徐々に痛みが増して行くのではなく、ある日突然激痛が発生してしまうのが椎間板ヘルニアの怖いところです。痛みが出るまで自覚症状がないのが怖いところなのです。
人によっては腰痛だけではなくお尻の片側から足にかけて痛み、しびれ、神経の張りを感じ歩くのも困難になってしまう事もあります。
数日間安静にする事で一時的に症状が和らぐ事がありますが、しばらくするとまた同じ様な症状が出てしまいます。
ストレッチをしたり湿布を貼る事で一時的に痛みを和らげる事は出来ますが、根本的な解決になる事はありません。
上記の様な症状を感じた場合は自然治癒を考えずに専門の医師に相談する事を強くおすすめいたします。